最高195✖︎ 最終911位 有限攻めサイクル ギャラツキdreamer

f:id:poke_amane98:20231201094644p:image

 

初めましての方は始めまして!てでです。

今期もメモ程度に自分たちの使ったポケモンたちを記録していきたいと思います。

今月ですが、構築のほとんどをエネコンさん(Twitter垢@ene_jinro)と共有していました。そちらの記事もよければ見ていっていただけると嬉しいです!

 

【構築経緯】

 

1.現環境はイーユイ、ハバタクカミ、アカツキガチグマを含め特殊ポケモンを1匹で受け切ることが難しい(流すことが困難)+受け2匹攻め1匹のサイクルだと構築のパワーが足りないと考えた。逆に物理方面に関しては割とごまかしが効くと考えたため、特殊ポケモンは対面突破、物理方面は最低限のサイクルを行い、先に相手を倒し切る構築で戦うことにした。

 

2. 構築を組むにあたり、暁ガチグマに弱くないアタッカーを探すところから考えた。その結果鉢巻トドロクツキがテラス込みで最も出し負けが少ないアタッカーと考えた。

 

3. トドロクツキで厳しい物理ポケモン(ノマテラしんそくカイリュー、スカーフウーラオス、襷パオジアン等)に最低限仕事ができる+地面の一貫を切るために浮いているポケモンを探したところ、物理受けゴツゴツメットギャラドスを採用した。

 

4. ツツミガチグマ入りの特殊多めの構築に対して抗えるポケモンとしてエナジーボールを採用したとつげきチョッキハバタクカミを採用。

 

5. 電気の一貫を切りたい+キョジオーン、チオンジェン系統のサイクル構築に勝てるポケモンとして化身ランドロスを採用。

 

6. 上記4匹だとディンルー展開にぐちゃぐちゃにされたため、ディンルーに対して有利を取れるちょうはつ剣舞炎オーガポンを採用。

 

7. 今度は上記5匹だとパオジアン(主に電気テラス)とスカーフ水ウーラオス、スケイルショットカイリューが重かったため、前期から使用感の良かったABお盆テツノカイナを採用。

 

以上。構築経緯終了。

 

 

個体紹介
トドロクツキ
特性:こだいかっせい
性格:ようき
持ち物:こだわりハチマキ
テラス:はがね
実数値:181(4)-191(252)-91-67-121-188(252+)
技:はたきおとす / げきりん / アイアンヘッド / とんぼがえり

 

ディンルー、キノガッサ入りの構築以外全てに初手投げしていたポケモン。陽気の理由としてはSの甘えたパオジアン髪の上から殴るために最速にした。

 

受けルーパーに対してもギャラツキでほぼ勝てる。

養分乙!w

 

ハバタクカミ
特性:こだいかっせい
性格:ひかえめ
持ち物:とつげきチョッキ
テラス:くさ
実数値:143(100)-54-83(60)-191(148+)-156(4)-180(196)
技:ムーンフォース / シャドーボール / エナジーボール / ハイパーボイス

 

HB:意地パオの不意打ち確定耐え HD:控えめガチグマのシルクのスカーフテラスブラッドムーン+真空波確定耐え S:最速オーガポン抜き抜き C:あまり

 

ギャラツキで回しきれない特殊方面にあつい構築に対して投げていたポケモン。ガチグマテツノツツミみたいな役割集中で投げられると本当にキツくてどうしようとなっていた時、最低限受け出せて火力を出せるポケモンを探していたところチョッキ髪が該当した。

ムンフォシャドボは言わずもがな採用として重たいガチグマ、テツノツツミに対して一貫の取れるエナジーボールを採用。これによりテツノツツミを確1に取れたりH特化ガチグマに対しても草テラエナジーボールで確1取れたりと本当に優秀だった。チョッキガチグマに対してはツキでチョッキはたきおとしたりしていたので火力足りひんってなることは全然なかった。

ハイパーボイス採用理由としてはみがわりウーラオス多すぎた(うちのパーティみがわりウーラがブッ刺さってるのもある)ので申し訳程度にいれて圧をかけた。これで拾った試合もあるのでハイボ採用は全然ありだったと思う。

 

その他候補技としては裏につなぐためのマジカルフレイム、十万ボルト、パワージェムあたりだろう。

 

ギャラドス
特性:いかく
性格:わんぱく
持ち物:ゴツゴツメット
テラス:どく
実数値:197(212)-146(4)-144(252+)-72-121(4)-106(36)
技:たきのぼり / ドラゴンテール / でんじは / ちょうはつ

 

調整意図:HB_できるだけ高く S_遅いカイリュー抜き 残りあまり

 

ほぼ普通のギャラドスドラゴンテールを採用することで龍舞カイリュー、龍舞トドロクツキに対して後出しからドラゴンテールをすることで流すことができる。とくにカイリューのマルチスケイルを剥がしながら流せるのが大きく、マルチスケイルを剥がしながら鉢巻トドロクツキのはたきおとす圏内にいれることができる。

また、カバルドン、ヘイラッシャ等に後投げが安定するため非常に戦いやすかった。

鋼タイプの弱点である地面、炎、格闘を半減以下にできて相性補完が抜群なのもgood

基本でんじはは打たないが、下記状況の場合は押す

・ラス1カイリューが残った場合(最速以外は後出しから電磁波→ちょうはつでトドロクツキが上を取れるようにするため)

・スカーフ持ちやブエナハバタクカミと対面した時。

カイリューを筆頭に電磁波を入れられた時

・特に打つ技がなく暇なとき。

 

オーガポン(かまど)
特性:かたやぶり
性格:いじっぱり
持ち物:かまどのめん
テラス:ほのお
実数値:181(204)-156(12+)-116(92)-72-119(20)-153(180)
技:ツタこんぼう / ウッドホーン / つるぎのまい / ちょうはつ

 

調整意図:HB_A特化ウーラオスの水テラス水流連打を大体耐える。

     S_準速イーユイ抜き AD_あまり

 

対ディンルー展開要因。初手に剣舞→ちょうはつでステルスロック+吹き飛ばしを阻害することができる。みがわりアンコールとの差別化点としては主に下記内容

・ディンルーに初手地震をされても問題ない点。変な択を減らせる点

カイリューの上から挑発をすることで竜舞、羽休めを阻害できる点

・非テラス状態でもサーフゴーにちょうはつを入れることで、後続に電磁波が入らないように立ち回るようにできる点。

 

テツノカイナ
特性:クォークチャージ
性格:いじっぱり
持ち物:オボンのみ
テラス:フェアリー
実数値:241(92)-198(156+)-160(252)-63-89(4)-71(4)
技:ドレインパンチ / かみなりパンチ / れいとうパンチ / ねこだまし

 

前期に引き続き採用。先月紹介したので紹介することはないが物理方面にアツい構築が多かったため採用しない手はないと思ったので入れました。

 

ランドロス(けしん)
特性:ちからずく
性格:おくびょう
持ち物:いのちのたま
テラス:どく
実数値:165(4)-130-110-167(252)-100-168(252+)
技:だいちのちから / ヘドロばくだん / サイコキネシス / みがわり

 

こいつも前期に引き続き採用枠。受け系統だけに出すポケモンだと思っていたがギャラツキサイクルとの補完が思いの外よく、基本選出にいれてもパワーが出せたのですごく噛み合っていた。

 

選出

 

基本選出

ギャラツキ@1

ディンルー入り

ギャラツキオーガポン

その他臨機応変に。特殊方面が多ければハバタクカミ。物理方面にはテツノカイナなど

 

重いポケモン

キノガッサ

身代わりパングロウーラオス

 

スカーフウーラオス

 

ブエナ瞑想髪

 

最後に
今月も結果は最終3桁としょっぱい結果に終わってしまいましたがほぼ同じ構築を使っていたエネコンが21乗せていたので構築は間違ってなかったと思います。来月こそ、来月こそは20いく予定ですのでよければ応援よろしくお願いします!

↓最終順位

f:id:poke_amane98:20231201133130j:image

 

Special Thanks(Twitter垢)

最終日ずっとディスコードで通話してくれたぼぶおーちん鯖の皆。(普段も遊んでくれてありがとう)今回も3人抜粋

 

・最終日ほぼ通話にいてスマブラとかもずっと遊んでくれてモチベーションをくれたマリーさん。

Twitter垢:kttukihihityannm)

 

・同じく最終日ほぼ通話にいて元気つけてくれたのりたま星人さん。初レート2000おめでとう。(Twitter垢:noritama_poke)

 

・同じく最終日通話にいて構築共有+構築相談にのってくれたエネコンさん。(Twitter垢:@ene_jinro)